予防歯科|予防歯科、小児歯科、矯正歯科、なら青森市、東青森の奈良岡歯科医院にお任せください。

予防歯科

治療から予防へ

現在、歯科医療の役割は、「治療」から「予防」へと変わりつつあります。


今まで多くの方は、虫歯や歯周病などにかかってから歯科医院に通って治療を行っていました。しかし、それでは虫歯や歯周病を治療することはできても、すでに溶けてしまった歯や顎の骨を元に戻すことはできません。歯や顎の骨の喪失を防ぐための治療法に代わって、今、「予防歯科」が注目されているのです。


予防歯科って?

予防歯科とは、虫歯や歯周病などの「歯の病気」の発生を防ぐために行う、定期健診やPMTCを主とした診療科目のことを指します。予防歯科の普及によって、歯の健康維持がより容易になるでしょう。


定期検診について

虫歯や歯周病などは、発症しても自覚症状があまりなく、自分でも気付かないうちに進行している場合があります。生涯にわたって患者様自身の歯を使用するためには、定期健診が必要不可欠です。

定期的に健診を受け、歯のメインテナンスを続けることにより、虫歯や歯周病などの歯の病気の発生を防ぐことができます。万が一、虫歯や歯周病が発見されても、初期段階なら簡単な治療だけで済ますこともできます。当院では、定期健診をご案内するはがきを患者様一人ひとりにお送りし、定期健診を忘れないようにうながしています。


医院で行うケアについて-PMTC-

「PMTC」とは、専用の機器を使用したプロによる歯のクリーニングのことです。ブラッシングしにくい部分や、汚れが溜まりやすい部分を、患者様ご自身できれいにクリーニングするのは難しいため、クリーニングのプロである歯科衛生士が除去します。

アメリカなどの虫歯予防先進国では、多くの人が定期的にPMTCを受けています。その効果として、実際に、日本と比べて虫歯や歯周病の罹患率が非常に少ないというデータが出ています。虫歯や歯周病の罹患を防ぐために、予防治療としてPMTCを定期的に受けるようにしましょう!


お問合せ