歯髄細胞バンク|予防歯科、小児歯科、矯正歯科、なら青森市、東青森の奈良岡歯科医院にお任せください。

歯髄細胞バンク

再生医療

最近テレビなどで「再生医療」という言葉を聞いたことはありませんか?

再生医療とは、ケガなどで失ったりダメージを受けた箇所、組織を自分自身の幹細胞を使って元通りの形や機能を再生する21世紀の健康を支える最先端医療技術です。

私たちの体には、もともとそのような自分自身を修復再生する能力が備わっています。




歯髄細胞バンクについて

役目が終わると生え代わる「乳歯」、治療などで抜歯する「親知らず」などの永久歯に含まれる歯の神経が歯髄細胞と呼ばれます。
歯髄細胞は、歯牙という硬組織に保護されているため外的な要因(紫外線や放射線)に干渉されず、遺伝子に傷をつける物質ができにくいタイムカプセルのような構造をしています。
よって、歯髄に含まれる幹細胞はいつまでも若々しい状態で保存されており再生医療用の理想的な材料であることが明らかになりました。



今まで医療廃棄物として処理されてきた親知らずや乳歯などの抜去歯から歯髄細胞が採取可能である事から培養、保存方法が確立されている点において再生医療に関わる諸問題を解決する理想的な移植細胞であると言えます。

全国の歯科医療施設を繋ぐ歯髄細胞バンクネットワークが構築できれば、再生医療の具現化に一歩近づく事ができると期待しております。


歯髄細胞が細胞バンクに適している理由
細胞バンクに適した条件 歯髄細胞の特徴
容易(低侵襲)に採取できること 容易に採取可能
採取チャンスが多いこと 性別・年齢問わず採取可能
細胞増殖力が高いこと 細胞増殖力が極めて高い
遺伝子損傷が低いこと 遺伝子損傷が少ない(タイムカプセル構造)
iPS細胞に用いることが可能であること 効率良くiPS細胞にできる

※骨髄バンクの課題・・・採取時の外科的侵襲

※臍帯血バンクの課題・・・出産時にしか採取できない